メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

大研医器(7775)

22/3期は需要回復と新製品の寄与で2桁増収増益を見込む

<22/3期は注入器と吸引器の新製品が寄与し始める>
21/3期営業利益は前期比23%減の9.2億円。売上値引き引当金が想定よりやや多かったこともあり、売上/利益は計画比若干未達。とはいえ、吸引器関連の単価下落率は落ち着きつつあるようだ。新型コロナ影響による需要減少に一巡感が出れば、収益の回復する道筋は見えてきた印象を受ける。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年06月14日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る