メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

トヨタ自動車(7203)

22/3期スタートの生産、販売は主要地域で堅調に推移

29日、5月の販売・生産実績(速報)を発表。同社のグローバル販売台数は9カ月連続の前年超えとなる840千台(前年比145.8%)となった。主要地域は北米が276千台(同150.3%)、中国が169千台(同101.5%)で海外販売台数は過去最高。日本は109千台(同131.1%)。北米は前年のコロナ影響の反動もあるが、米国でのハイランダーなどのライトトラック、ヴェンザなどのHEV、カムリやカローラなどのセダン好調が販売増に寄与。中国はカムリやRAV4、日本はハリアーやヤリス好調から販売は前年を上回る。また、1月から5月の累計は4,160千台(同135.7%)となった。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年06月30日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る