メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

大阪ソーダ(4046)

将来の成長につながる体質改善を評価

<上方修正の期待変わらず>
上方修正の妨げとなるリスクを確認するため取材した。まず基礎化学品からみる。ナフサ価格が計画前提より上昇し原価アップによる利益圧迫が起こっている。しかし価格改定が進んでいることと、数量の伸びが大きくリスリスクはオフセットされている。
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年09月02日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る