メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

堀場製作所(6856)

半導体の上振れで通期業績予想を再度引き上げ

 <2Q累計は自動車部門以外が増収増益>
21/12期2Q累計は、前年同期比19%増収、営業利益は96%増の130億円となり、堅調な半導体業界の設備投資需要を背景に半導体部門が大きく伸長し、会社計画を上回って着地。部門別では、排ガス分野の苦戦で自動車のみ減収減益(赤字拡大)だが、他部門は増収増益で、特に半導体の営業利益はほぼ倍増し、全社を牽引した。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年09月06日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る