メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

クレスコ(4674)

1Qは大幅営業増益、受注残も高水準、22/3期は好スタートを切ったとみる

 <22/3期1Qの営業利益はコロナ禍前の20/3期1Qを上回る>
22/3期1Q(4-6月)の営業利益は前年同期比87.4%増の7.99億円となった。コロナ収束はまだみえぬものの、顧客のIT投資計画が順調に回復し、主要顧客中心に受注が改善した一方で、前年のコロナ感染拡大の混乱下で悪化した生産性の改善や一部子会社での不採算解消等から大幅増益。また、コロナ禍前の20/3期1Qの営業利益7.7億円をも上回った。
"・・・(高田 悟)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年09月09日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る