メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

朝日インテック(7747)

22/6期は大幅増収、実質収益性の向上を見込む

 <22/6期も海外が伸びを牽引すると予想>
21/6期業績は、売上615億円(前期比9%増)、営業利益127億円(同3%増)となり、計画値を僅かながら上回って着地。血管内カテーテル治療の症例数はコロナ発生前の水準には戻っていないものの、米国や中国など海外を中心に、循環器系、非循環器系ともに伸長した。脳血管系のガイドワイヤーは米国と中国などで好調に推移。
"・・・(服部 隆生)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2021年09月13日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る