メニュー

最新アナリストレポート

アナリストレポート要旨

東京個別指導学院(4745)

マーケティング問題の先見えず

  <生徒数減少により大幅減益>
11日に2Q決算説明会が開催された。2Q(3-8月)はTIWの期待外れの決算であった。「新たなマーケティング施策」は発表されず(方向性だけでも発表と期待したが)、生徒数が前期比減に陥った。その結果、大幅減益(8~9割減)となった。新たな施策が出ないため入会者数は前期比89.3%となった(足元はやや回復の兆しをみせているが)。特に高校3年生の減少が大きかった(平均単価が最も大きい)。コロナ陽性者数増加と入会者数増が相関していることが要因と会社側は説明をしているが、受験近くでオンライン授業もある中で入会者数が減少するのは、マーケティング施策と入会者のニーズとのギャップが生じているのではとTIWは心配している。
"・・・(山方秀之)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。https://www.tiw.jp/report/"

2022年10月12日 掲載

最新アナリストレポート TOPへ戻る