アナリストレポートから資本市場の変革にチャレンジするTIWです

Toward the Infinite World

 
TIWマガジン「投資の眼」

TIWCafe

牛丼チェーンで美人を見た -wildernesswolf-

最近、牛丼屋さんで日本人の若い女性スタッフを見かけることが増えたような気がしている。(こういうことを言うとセクハラ扱いをされそうだが)決して容姿が劣っているわけではない20歳代と思われる女性である。
女性だけではない。長らく牛丼チェーンは、中国人スタッフの多い職場だったが、男性スタッフも日本人が増えているように感じられる。
飲食業の方にこの話をぶつけると、即答で返って来るのがアルバイト賃金の上昇である。飲食業界では全体的にアルバイトの時給が上昇しており、むしろ時給が据え置かれているコンビニから人材がシフトしてきている可能性もあるとの指摘でした。
話が少し逸れますが、時給が上がっている割には客単価は伸びていないので飲食業は売上が増えても厳しい状態が続きそうです。設業も含めて足もとの人材確保はかなり逼迫しているようです。

その中でも面白い指摘がありました。
最近の若い人は手順が明確な仕事以外はやりたがらないとの事です。
交通整理、コンビニのレジ、ファーストフード。
募集広告を見た段階で仕事の内容がわかる仕事には人が集まりやすく、時間をかけてスキルを身につける仕事には時給が高くても不思議と人が集まり難いとのことです。
アルバイトは所詮アルバイトという意識が強まっているのでしょうか?
それとも、マニュアル化された仕事でないと出来ない人が増えたのでしょうか?

by wildernesswolf

[01.24.更新]