メニュー

TIW Cafe一覧

TIW Cafe一覧

TIWでは2008年3月より毎週メルマガ(として、「TIWアナリストウィークリー『投資の眼』」を(原則)毎週金曜日にお届けしております。メルマガ『投資の眼』には、その週に発行したレポートの一覧や銘柄ピックアップ、『アナリストコラム』、『TIW Cafe』などを掲載しております。無料ですので、是非、ご登録・ご高覧いただければ幸いです。

  • Update date
    08/21
    週に何回かは参拝する靖国神社。 午前10時とはいえ日差しの厳しい中で、喫煙所の清掃を80歳前後の女性が行っていた。 吸殻入れから吸殻を捨て、水を入替えて、雑巾で拭く。それだけの作業ではあるが、吸殻の溜った箱は(水もはいっているので)重く、老婆にとっては決して楽な作業ではないだろう。額からは汗が滴っていた。 手を貸してあげることは、この人には仕事が出来な...
    更に読む
  • Update date
    07/10
    ZARDの「星のかがやきよ」という歌がある。 名探偵コナン(シリーズ10)のオープニングテーマに採用された曲であるが、画面で歌詞を見ていてアレレレっと思った。 そう出逢った瞬間に 同じ臭(ひかり)を感じた そう思いがいっぱいいっぱい同じ瞳をしていた 君の発していたシグナルにセオリーぶち壊して だけど この念(おも)いは いつも届かなくて (作詞:...
    更に読む
  • Update date
    06/26
    もしも、貴方が上司から貴方の仕事ぶりについて自己採点を求められたら何点と答えますか? 恐らく、かなり多くの方が、「70~80点(100点満点中)」と答えるのではないでしょうか? あまり高過ぎても過大に自己評価していると思われるのも嫌だし、かといって低すぎると一生懸命に仕事をしていないと捉えられてしまうのではないか・・・・と考えながら。 それって、自己評...
    更に読む
  • Update date
    10/26
    最近急速に普及してきているハロウィン。わたしの中では冬至と同じで、カボチャを食べる日としてしかいままで考えていませんでしたが、今年初めてハロウィンイベントに参加することになりました。仮装にも抵抗があり、普段着で参加するつもりでしたが、普段着の方が目立つと言われたので、なにか仮装をしなくてはといまからそわそわしています。Halloweenの起源は古代ケルト民族...
    更に読む
  • Update date
    12/16
    少し前の東西線で見た光景である。或る駅から杖を付いた老人が電車に乗ってきた。足もとがおぼつかない様子で一歩一歩小さな歩幅で歩きながら、優先席の空いている席に向かって歩いていた。その横をすっとすり抜けて30歳代くらいの女性がその空いていた優先席にどっと座った。女性は携帯電話を操作しながら老人を見上げることなく、画面を見ながら口元を歪ませている。その絶望的な光景...
    更に読む
  • Update date
    02/10
    大相撲初場所で大関稀勢の里が初優勝を果たした。先月8日の初日から8連勝し早くも中日に勝ち越しを決めた。今場所こそ優勝が叶うかもしれない。すると、翌日9日目に落とし穴があった。相手の琴奨菊は同じ大関とはいえカド番で格下相手に負けが込みここまでたったの2つしか勝ち星がない。勢いが違う。楽勝だと思ったらあえなく寄り切られた。やはり稀勢の里は稀勢の里、今場所も終わっ...
    更に読む
  • Update date
    02/03
    今日は節分です。小さなお子様の居る家庭では、自宅で豆まきをする方も多いのではないでしょうか。豆を投げることは、魔物や邪気を払って無病息災を願う、という意味が込められています。平安時代に鞍馬山に鬼が出て都を荒らされ困っていたが、炒った大豆を鬼の目に投げて退治することができた、というお話がそのルーツです。魔物の目(魔目=まめ)に投げて、魔を滅する(魔滅=まめ)...
    更に読む
  • Update date
    01/27
    最近荻窪(おぎくぼ)に嵌まっている。荻窪は、中央線快速停車駅であると同時に地下鉄丸の内線の始発駅であるにも関わらず、再開発が殆ど行われておらず(北口のターミナルは改築されたが)、30年前とあまり変わらない佇まいをとどめている。築40?50年くらい経過した建物も多く、写真をお見せできないのが残念であるが、まばゆいまでに昭和の風景がそこに厳然と在る。安い焼き鳥や...
    更に読む
  • Update date
    01/13
    新年早々冴えない話だが、この正月は寝込んでしまった。大晦日の昼過ぎぐらいから喉が痛くなり鼻がムズムズする。医者は休みだし、市販の風邪薬を買って飲もうかと思った。しかし、疲れを癒せば治るかもしれないと思い止まり、家族にも近寄らず一人布団に包まっていた。結局、改善しないので先週の土曜、かかりつけの女性内科医を訪ねた。新年の挨拶、世間話に続き、「最近、やってなかっ...
    更に読む
  • Update date
    01/06
    昨年の交通事故での死者数が、4,000人を下回りました。これは昭和24年以来67年ぶりのことで、交通戦争と呼ばれたピーク時と比べると4分の1以下に減少しました。昭和24年とは日本がまだモータリゼーションを迎える前の時代で、自動車保有台数はわずか20万台、現在の400分の1でした。死者数の減少には様々な要因があります。例えば、緊急自動ブレーキ機能の普及、後部...
    更に読む
  • Update date
    12/22
    TIWモデルポートフォリオは、あと1週間で開始から5年間を超える。12月は反動(値上がりした銘柄の利食い売りなど)から苦戦しているものの、今年は順調に推移したと言える。5年弱(12月21日現在)のトラックレコードは、年率平均でプラス29%である(同期間のTOPIXの約1.7倍のパフォーマンス)。この5年弱の経験で分かったことは、一番重要なことは実は銘柄選択で...
    更に読む
  • Update date
    12/09
    ちょうど、一カ月前、米国大統領選挙で次期大統領がトランプ候補に決まった直後、為替市場で急速に円高が進んだ。しかし、すぐに流れが変わり、ドル高が急速に進行、この日から円は対ドルで10円以上の円安水準で足下、推移している。選挙前は「トランプ勝利は円高」との意見が市場を支配していた。そして、マスコミはこの現象を想定外と報じた。しかし、選挙の結果に関わらず円安が進む...
    更に読む
  • Update date
    12/02
    「卵子ドナー募集」先日、私のFacebookにこんな広告が表示されました。佐藤太郎さん(仮名)は、大学生です。アルバイトの掛け持ちと奨学金でなんとか学費を捻出しています。太郎さんにとって1回3万円の報酬は、生活の助けになりました。第三者に自分の生殖細胞を提供することに、特別な抵抗感はありませんでした。むしろ、自分の遺伝子を受け継ぐ者が誕生することに、幾許かの...
    更に読む
  • Update date
    11/25
    会社ら比較的近い場所にラーメン屋が1ヵ月くらい前にオープンした。中華蕎麦といりこ蕎麦の2本柱で、味はそれほど悪くは無い。しかし、お昼時でも12時半を過ぎれば殆どガラガラ状態である。その理由を考えると、1)駅から近いが一本裏通りにあって目立たない、2)周辺にラーメン屋はそれほど多くは無いが、牛丼、天丼など手ごろな価格の飲食店が多くある、3)若い男性が食べるには...
    更に読む
  • Update date
    11/18
    毎日、日が短くなる。年末調整の用紙が会社から配られた。今年も残りわずかだ。年賀状はどうしよう。後回しにしよう。なにしろ忙しいし慌ただしい。なんで年賀状なんか書かなければならないのだ。かといって、少し落ち着く大晦日やゆっくりしたい正月に賀状書きなんてやっていられない。ヨーロッパで暮らした当時はよかった。年賀状という文化から解放された。毎年、この季節になると同じ...
    更に読む
  • Update date
    11/11
    少し長めの夏が終わり、すっかり秋らしくなりました。朝の空気は凛としていて、胸一杯に吸い込むと背筋がシャンと伸びる感じがします。夜の空気はヒンヤリと澄んでいて、星がキレイに見えます。先日、大きな茜色の月を見ました。日が暮れて西の空がボーッと残照に染まる頃、東の空に目をやるとビルの合間にドッシリと鎮座していました。何とかこの大きな月を写真に収めたいと思ったのです...
    更に読む
  • Update date
    11/04
    う10年以上前の話だけど、知り合いのファンドマネージャー氏(以下、A氏)になんとはなく、「最近いかがですか?」と言ったところ、「あなたの日経平均と私の日経平均で株価が違うってことは無いだろう!」と激しい怒りの反応が返ってきた。ちょうど株式市場が大きく下落していたタイミングだったので、きっとパフォーマンスが悪くてイライラしていたのかもしれない。確かに、運用ファ...
    更に読む
  • Update date
    10/28
    田舎を出て東京で一人暮らしを始めた当時、音楽でも聞こうと何を聞くのだというあてもなくレコード店へ入った。都会だし洋楽がいいと思った。「学生街の喫茶店」というフォークソングが流行ったことがあった。その歌詞の中の(街角で聞いていたボブディラン)という部分が頭にこびりついていた。だから(ディランとはなに?)という疑問と興味があったのだろう。たまたまそこにあったディ...
    更に読む
  • Update date
    10/21
    からの持論なんだけど、アナリストの「中立」のレーティングはそのまま信じてはいけない(あくまでも私自身の感覚なので全てのアナリストの方に当て嵌まるとは限らないということを最初に申し添えておきたい)。中立のレーティングには4通りある。1)本当に「中立」だと思っているとき。これって実は少ないんじゃないかと思うのだけど、バリュエーション、業績予想のブレの小ささ、各種...
    更に読む
  • Update date
    10/14
    先日東工大の大隅良典栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受賞されました。オートファジーの仕組みを解明した功績による受賞でした。オートファジーのauto-はラテン語で「自分自身」を表す接頭語、phagyは「食べること」。つまり直訳すると、細胞が自分自身を食べること。具体的には、細胞が自身の持つタンパク質を分解する仕組みのことを指します。ヒトの体は約60兆個の細胞で...
    更に読む
TIW マガジン「投資の眼」TOPへ戻る