メニュー

TIW Cafe一覧

TIW Cafe一覧

TIWでは2008年3月より毎週メルマガ(として、「TIWアナリストウィークリー『投資の眼』」を(原則)毎週金曜日にお届けしております。メルマガ『投資の眼』には、その週に発行したレポートの一覧や銘柄ピックアップ、『アナリストコラム』、『TIW Cafe』などを掲載しております。無料ですので、是非、ご登録・ご高覧いただければ幸いです。

  • Update date
    06/13
    6月12日の日経新聞朝刊1面は、大手損保が自動車保険料を一斉に値上げすると報じた。既に各社とも決算説明会の席上などで明らかにしており、内容自体に新味はない。値上げといっても東京海上日動と三井住友海上が1.5%程度(7月予定)、損保ジャパンが2.5%(4月実施済み)程度と小幅。この程度の値上げであれば、無事故割引が進行する人は、ほとんど気がつかないだろう。ただ...
    更に読む
  • Update date
    06/06
    先日、知り合いのコンサルタントと酒を飲んでいたときに、ビジネスマンのPLとBSという議論になった。例えば「PLは高いけどBSの低い人」とは、専門性もあって能力も高いけど、人望があまり高くなく、人的ネットワークが限定されているような人を指す。「PLは低いけどBSの高い人」とは、とりたてて業務上の特技はないものの、まとめ役であったり、キーパーソンにコンタクトでき...
    更に読む
  • Update date
    05/30
    先日久しぶりに井上陽水の昔のアルバムを聴いてみた。フォークソング全盛だった1970年代、筆者が中学時代(年齢がばれてしまうが)に感動した曲の詰まった「氷の世界」「断絶」「センチメンタル」の3大アルバムは、ビートルズの「Abbey Road」やジョンレノンの「Imagine」に匹敵する程の名盤であると筆者は勝手に思っている。陽水もその後は曲調も随分変化している...
    更に読む
  • Update date
    05/23
    まずいっておこう。私はフェミニストではない。 決算シーズンともなれば電車で移動することも多い。大概は決算数値や取材内容の復唱が頭の中でめぐるものだが、ふっと息が抜けると社内広告へ目が行く。 はて。いままであっただろうか。「お化粧は自宅で」という広告。 かつて和辻哲郎は述べた。「人は人間関係に於てのみ初めて人である」、と。かの有名な人間論である。 公と私を分け...
    更に読む
  • Update date
    05/16
    くちコミで知ったのだが、気に入ってよく聞いている音楽がある。ある自動車メーカーがウェブサイト上で無料にて提供しているものだ。若手アーティスト発掘のために展開しているようで、応募された若手アーティストの曲の中から選ばれた10数曲が、無料でダウンロードできるというものである。アップデートは数ヶ月に一度行われ、現在まで20回ほど更新されている。若手といってもプロ顔...
    更に読む
  • Update date
    05/09
    休暇でベトナムへ旅行に行きました。最初の訪問地ホーチミンでは、ベトナムのパワーを体感できました。とにかくみんな元気がいいのです。市場のおばさんはもちろんのこと、タクシーの運転手、宿のレセプションの人、雑貨屋の女性も食べもの屋の店員も、みんないきいきしていて楽しそうに見えました。建設中の建物も多く、これからますます町が大きくなっていくような雰囲気です。まさに右...
    更に読む
  • Update date
    05/02
    休日にふらりと入った近所の美容室は、スポーツ新聞が置かれていたりして、美容室というより床屋のような感じだった。一人の客もいなかった。しまった。へたこいたぁと思ったが、逃げることもできず、気が付けばシャンプー台に座っていた。美容師のおばちゃんは気さくで芸能人話などをしているうちに、その店のオーナーが読売巨人軍の篠塚バッティングコーチの奥さんということが分った。...
    更に読む
  • Update date
    04/25
    先日久しぶりに欧州系投資銀行で金利や為替のデリバティブ業務を担当する友人と食事をした。彼は小生が機関投資家に席をおき、資産運用に携わっていたころ金利スワップ取引の指導を受けた恩師であり、10年来のお付き合いをさせていただいている。彼と会うと当然のことながら最近のビジネスの話題から始まり趣味や家族へと話題が展開していく。彼は現在、地方の金融法人をカバーしていて...
    更に読む
  • Update date
    04/18
    以前の話ではあるが講演会で「テクニカル分析は信用できない」という発言をして来場者の一部から顰蹙を買ったことがある。後から言葉が足りなかったと反省をしたのだが、単純にチャートの形だけを見て判断することや、中長期投資の銘柄選択には有効性が乏しい、ということを申し上げたかったのである(これにも反論はあるかもしれませんが)。 テクニカル分析という定義も人によっては違...
    更に読む
  • Update date
    04/11
    ネット上を徘徊していると、とある意見に対して「ゆとり」と答える場面をよく見かけるようになった。調べてみればネットスラングの模様。起源はゆとり教育にある模様だが、今では年齢に関係なく稚拙であるとみなすと「ゆとり」と呼んで蔑むようだ。それで再びネットを徘徊すると、成程、使い方がわかった気がした。この「ゆとり」ネット流行語大賞2007では銅賞を獲得したのだとか。 ...
    更に読む
  • Update date
    04/04
    休暇でバリ島へ旅行した。日本人の休暇先としてはメジャーな場所であるが、雨季の終わりのローシーズンで格安のホテル宿泊料金で、十分満足のできる内容だった。インターネット予約だけのスペシャルパッケージには1時間の無料マッサージが付いていた。初めてのSPAであったが、体全体がリラックス&リフレッシュし、1年分の疲れが全て癒されていくような快感に浸っていた。SPAだけ...
    更に読む
  • Update date
    03/28
    温泉が大好きである。ゆったり1時間半をかけて入ると心も体も生き返る。先週末は少々足を伸ばし宮城の「鳴子温泉」に浸かってきた。東京駅から東北新幹線の古川駅まで2時、さらにローカル線に乗り換え、山の緑を愛でること小1時間、目的地に到着。まずは旅の醍醐味を満喫すべく、温泉街をぶらぶらして温泉まんじゅうの食べ歩きをする計画・・・だった。ところが見通しのいい温泉街を見...
    更に読む
  • Update date
    03/21
    2005年12月のジェイコム株の誤発注に絡み10分で20億円を稼ぎ一躍有名になったジェイコム男ことBNFさん(日経金融新聞ではKさんと紹介されている)は、2000年10月にアルバイトで貯めた164万円で株取引を始めた。以後、幾多の難局をくぐり抜け、昨年12月に運用資産は185億円に達した。約7年間で元手を1万倍以上に増やしたネットトレーダーの神だ。1月の株式...
    更に読む
  • Update date
    03/14
    「一富士、二鷹、三なすび」をもじって「一安、二高、三ボケナス」と一部で呟かれているようである。一安は株安、二高は円高・原油高(資源価格高)。三ボケナスは特定しないが、話のスジから推定すると・・・。 国土交通省が昨年6月に改正建築基準法を施行。耐震偽装事件(2005年に発生した姉歯事件等)で揺らいだ住まいの安心を取り戻すことを目指した改正であり、建築物の安全性...
    更に読む
  • Update date
    03/07
    先週の土曜日に放映されたある「人材」に関してのテレビ番組。私はその中で、中国のとある光景を目にする。いわゆる「中国就職フェア」という催し物の会場風景だ。中国全土から優良企業への入社を目指し、学生や就職希望者たちが続々と会場内へ入る。目的は、企業の詳細な情報を集めに、いや自分を売り込みに、と言っても過言ではないだろう。ここまでは、日本で行われる「就職フェア」と...
    更に読む
TIW マガジン「投資の眼」TOPへ戻る